top of page
  • 執筆者の写真lymphjt

リンパ浮腫ケアをしたいと思った、きっかけ

もう今年も終わろうとしています。

この時期がくると必ず思い出すことがある。


20年前の12月31日に、私は、緩和ケア(ホスピス)で夜勤をしていた。

お正月がくるので外泊する方が多い中、一人の女性は病院での年越しをされるのが不思議で、なぜ自宅に帰宅しないかと質問してみた。


患者さん「着る服がないのよ」と返事が返ってきた。


足が腫れて合う服がないといった理由だけで…それだけの理由で…

私は、言葉を失ってしまい衝撃を受けたことを鮮明に思い出す。

もっと、早くに気付いていれば、その患者さんは、今頃、家族みんなで楽しい時間を過ごせていたのに…と後悔した経験が、きかっけだった。


年明け早々に、そのむくみを治すことできないか、主治医にしつこく聞いた。

その後、あまりの私のしつこかったからか(笑)、医師が後日、今の専門資格を取得する

講習会の情報を下さり、迷わず申し込みをした。


その数か月後には、講習会が始まり、夜勤明けで関東方面へ前泊・後泊しながら通った。

当時、28歳だったからできたのだろうと思う。


次回は、資格を取ってからについて書いてみます。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

約20年前のリンパ浮腫ケアの現状

自分が看護学生の時、「リンパ浮腫」という言葉を頻繁に聞いたわけでもない 実際に、消化器内科→血液内科と現場で看護師として働く中でも、浮腫は見かけていたが「リンパ浮腫」という言葉もあまり耳にすることはなかった。 緩和ケアにきて、初めてリンパ浮腫という言葉を耳にするようになった。 18年前に資格取得をして、リンパ浮腫ケアを始めてわかったこと。 それは、私も含めて「リンパ浮腫」や「リンパ浮腫ケア」につい

資格をとった当初のこと 【リンパ浮腫 むくみ 医療リンパドレナージセラピスト】

18年前、医療リンパドレナージセラピストの初級・中級を取得してケアを実践できる準備ができた。 しかし、経験値がなく、手探りでのケア実践をするには不安いっぱい。 相談したくても、同じような資格者が周りになく、毎日毎日、模索の日々。 これって「むくみ」かな?と、手足の皮膚を触りまくって、手の平で感覚を自分に覚えこませるような感じであった。 当時は不安と緊張で、手の平の力が入って、浮腫の感覚を捉えること

bottom of page