top of page
  • 執筆者の写真lymphjt

リンパ浮腫の患者さんを減らすには?【リンパ浮腫 予防指導】

ずっと昔、リンパ浮腫の患者様に出会う度に、「もっと早く出会えたならば」と思っていた。

出会う患者さんは、浮腫が重症化して、大きな手もしくは足になっていること。

理由を聞くと、「どうしようもないと言われた」「治療方法がわからなくて」と話す

複数の医療者に相談したけれど、対処方法がわからないまま何十年経過しており、生活に支障をきたしている方と出逢うと、もっと早くに出会いたかったと悲しい気持ちになっていた。



そのたびに、私にできることは何かな?と考えていた。


患者さん自身が、初期の段階で浮腫に気付ければ、浮腫が重症化することはないということ。

そのためには、術後のリンパ浮腫の予防指導がとっても重要ということ


そこで、病院所属の時には、婦人科がんや乳がんの手術後の方や、放射線治療後の方への入院中の予防指導に力を入れていた。


でも、リンパ浮腫って知識が幅広いので、限られた時間で患者様が理解するのは難しく…

復習用のDVDを作成したり資格者と一緒にやったのを懐かしく思い出す。


患者さんは退院するまでに、マッサージ(セルフドレナージ)の方法を覚えて退院できるように資格者がフォローするようにした。


その数年後より、浮腫が片側の太ももの内側にむくみがでたら、すぐに病院に来てくれるようになった。

足の甲まで腫れてから病院へ来る方が減ってきた。

そうして、予防指導の重要性を感じた。


リンパ浮腫が発症した時に、発症した原因を一緒に振り返り、悪化させない生活の送り方を一緒に考える。

そして、初期のうちに浮腫ケアを開始することで、ほとんど浮腫があるとは気づかれない程度の浮腫を維持することできる。


看護師業務をしながら予防指導は決して簡単ではないけれど、きっと、リンパ浮腫の患者さんは減るので重要だと考えている。

なので、もっと、もっと予防指導も普及して患者さん自身は早期に気付いて発信できるようになるといいな~と思っている。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

約20年前のリンパ浮腫ケアの現状

自分が看護学生の時、「リンパ浮腫」という言葉を頻繁に聞いたわけでもない 実際に、消化器内科→血液内科と現場で看護師として働く中でも、浮腫は見かけていたが「リンパ浮腫」という言葉もあまり耳にすることはなかった。 緩和ケアにきて、初めてリンパ浮腫という言葉を耳にするようになった。 18年前に資格取得をして、リンパ浮腫ケアを始めてわかったこと。 それは、私も含めて「リンパ浮腫」や「リンパ浮腫ケア」につい

資格をとった当初のこと 【リンパ浮腫 むくみ 医療リンパドレナージセラピスト】

18年前、医療リンパドレナージセラピストの初級・中級を取得してケアを実践できる準備ができた。 しかし、経験値がなく、手探りでのケア実践をするには不安いっぱい。 相談したくても、同じような資格者が周りになく、毎日毎日、模索の日々。 これって「むくみ」かな?と、手足の皮膚を触りまくって、手の平で感覚を自分に覚えこませるような感じであった。 当時は不安と緊張で、手の平の力が入って、浮腫の感覚を捉えること

Comments


bottom of page